FM長野ステッカーキャンペーンでステッカーをGETしたいぞ その2

土曜日の朝新しい事を思いつきます。使わなくなったUHF用の小さいアンテナがあるのです。
それをラジカセ8180に繋いでみる事にしました。すると断然感度がいいのです。
これはいけると思い屋根にのぼりアンテナポールに仮設置。ますます良くなり、これで決まりだなとなりました。
後は配線や室内への取り込み方法を考えるだけです。

ここでまた別の考えが浮かびます。このアンテナを外のベランダに付けたらどうなるかな。このベランダは自室とは逆方向の南側にあります。
そこで成功すれば屋根にアンテナを付けないで済み、配線が楽になります。
とりあえず南の部屋にラジカセを移動してアンテナを繋ごうと考えました。
ラジカセを部屋に置いてスイッチオン、まだアンテナはつないでいません。
あれれ。いきなりの高感度受信に目がテンです。
普通に聞くに堪えられられるレベルで文句なし。これなら屋外アンテナ設置の必要はありません。

先の一週間の苦労は何だったのでしょう。自室での受信にこだわるあまり、一番簡単な方法を試していませんでした。
部屋を変えるだけでよかったのです。これは隣の家との関係でした。建物が電波を遮っていたのです。
なんとも以外な結末でした。
ここでラジオの受信問題は一旦解決です。

午後予定通りかんてんぱぱへ行きステッカーを貰う事にしました。
家から車で5~6分で着きました。
かんてんぱぱへは素通りはよくしていましたが中に入るのは2回目です。
前回は展示場のみでしたので、実質初となりました。
意外と広く、配布場所のショップはどこだと迷いました。
農道をはさんで駐車場を行ったり来たりしてしまいました。
結局最初に駐車した場所の近くにショップがありました。
まだ30分以上あるので高台で座って待ちます。
入口ではパーソナリティの小林新さんとおもわれる方が桃太郎旗の準備をしています。
それにはFM長野と書いてあるのが確認できました。
f:id:hibiki45:20170926161012j:plain
ここはちょっとした森林でもあり、家族連れでも過ごし易い場所です。
土曜日という事もあり、小さい子供を連れた家族も沢山みえます。
そして明らかにFM長野のステッカーキャンペーンに来たなと分かる同じ匂いがする人がいます。
これ、結構わかるんですよね。
配布開始5分前になるとそれまで散らばっていた人間がいきなり並びはじめました。
これにはびっくり。
列に並んでいると、昨日メッセージが読まれたと自慢するおばさんがいて、うざかったです。
また昨年【FRIDAY GOES ON~あっ、それいただきっ!~】の公開録音でみたマネージャー?のメンディさん?がおられました。相変わらずとても身長が高い方です
f:id:hibiki45:20170926160238j:plain
小林新さんが、並んでいただいた方には渡せるだけの数はありますが、家族や友達の分はご遠慮くださいとアナウンスをして配布となりました。

今年も無事FM長野のステッカーキャンペーンの恩恵にあずかれました。
ありがとうございました。
f:id:hibiki45:20170926160007j:plain

FM長野ステッカーキャンペーンでステッカーをGETしたいぞ その1

昨年はGET出来ました

FM長野ではここ数年この時期にステッカーキャンペーンを行っています。
自社で制作したステッカーをリスナーにプレゼントする企画で、県内各地での限定配布や、期間中番組でメッセージを読まれた方に抽選で配布をします。
昨年私は近隣市での配布日を忘れていて、慌ててメッセージによる抽選配布にチャレンジしました。
やる気になればできる物で、5回投稿をして、3回採用されました。その為抽選に見事に当選、無事ステッカーを手に入れる事ができたのです。

簡単なラジコで聴取

さて、今年もステッカーを頂きたいなと思い、どうせなら今回もメッセージを採用してもらい、GETしたいなと考えました。
とりあえず番組を聞かなきゃ話題が思い浮かびません。
1週間あればなんとかなるだろうと思い一番簡単なラジコで聴取を試みました。
あれ?聞けない。
ラジコの地域設定が関東地区になってしまっているのを忘れていました。
これが関東でなく他県であれば直ぐ変更をするのですが、関東局だとこのままの方が都合いいかなと思いこっちはあきらめました。

ケーブルテレビとFM

実は今年になり長年契約していたケーブルテレビを解約しました。
ネットと電話の契約はそのままにしましたが、関東キー局の放送を視聴できなくなったケーブルテレビは魅力がありません。
普通にアンテナを立てれば試聴できる地元局の為にお金を払い続けるのはなんともばかばかしい事です。
どうしてケーブルテレビの話をするかと言えばケーブルテレビの線にはFMラジオの電波も送信されていたので、今まではクリアな放送が聞けていたんです。
そしてケーブルテレビを解約しても、保安器はそのままだったので、FM放送は聞けていました。
ところが先月光ファイバーケーブルの交換工事の時、古い保安器も撤去していってしまったのです。

ラジオでTRY!

そんなわけで手持ちのラジオで普通にFM長野を受信するしか方法がなくなったのです。
とにかく綺麗に電波が入れば、ステレオでなくても構わないので、そこを目指してTRY!
まずソニーのMDコンポです。これには簡易アンテナが付属していました。
ケーブルを途中から二本にするT字型アンテナです。部屋の中をあちこち移動しましたがダメです。
このアンテナは横に広げると長いのでとても使いにくいです。

FMアンテナにはちゃんと計算式があって周波数からアンテナの長さが割り出されるようです。
その長さにしてみましたがやはりだめでした。

次に針金をはわせる事もやってみました。昔勤務していた会社の工場の中でやっていた方法です。
これもダメでした。

その次は家の中にある壁のアンテナ線取り付け部です。ここへコードで繋いでみました。
アンテナはありませんが、天井裏にはVHFのフィーダー線が這わせてあるはずです、それに繋ぐ事によりアンテナの役目をするのではと考えました。
これは少し感度があがりました、が聞くに堪えられるレベルにはなりませんでした。
今屋根には地デジのアンテナしかありませんが、昔は我が家にはVHFのアンテナもあって、そのアルミの棒を一つ置きに取り外すとFMアンテナの代用となると親父が教えてくれ、実際使っていた記憶もあります。

ネットで同軸ケーブルをむいてつけると感度が良くなったとの記事があったのでマネしてみましたがダメでした。

コンポでの受信は諦め、今度はラジカセの登場です。もう通常で使用はしていませんが、オブジェとして自室に鎮座している30年以上前の機種日立パディスコ8180です。
カセットは全く機能しません、おそらくベルトがダメでしょう。しかしながら、ラジオとPHNOはなんとか使えるのです。
これに繋いでみる事にしました。全体的にはコンポより良い感度でしたがやはり聞くに堪えられるレベルにはなりません。

f:id:hibiki45:20170926153031j:plain

次に思いついたのがこれまた40年くらい前の日立のコンポLO-Dのチューナーです。これも30年以上使用した記憶がありません。
流石は高かった家電ですこちらはかなり感度が良く期待できそうでした。何か一工夫すれば行けるかもと思いました。しかし翌日ラジオ自体がアンプへの出力をまともにしなくなっていました。

また機種を変えます今度はソニートランジスターラジオです。
こいつのアンテナに文具クリップをはさみ、線をつなぐと良いとユーチューブの動画にあり、やってみました。
がまたまたダメです。何をやっても上手くいきません。

悲しいかな時間切れ

ここでタイムアウトFM長野のステッカーキャンペーンのメッセージによる参加は金曜日までです。それまでにメッセージを採用された方だけが抽選の対象になります。
私はここで諦め、翌土曜日にかんてんぱぱの敷地内で配布されるステッカーをもらいに行く事にしました。

プロレスのフェスをやりたい!武藤敬司が信州プロレスのスタイルを支持。

武藤敬司がインタビューで信州プロレスの名を出した

いろんな団体を集めてプロレスフェスをやりてえんだよ武藤敬司がW-1のホームページで昨日公開されたインタビュー記事で答えている。
"プロレスフェス"は信州のプロレスファンにはもうお馴染みのフレーズだ。信州プロレスのグレート無茶は無茶フェスとしてもう何年も前からこのスタイルを築き上げ、実行し、成功している。

この武藤敬司のインタビューの中には何度も信州プロレスやグレート無茶の名前が出てくる。
そして既に信州プロレスの無茶フェス伊那大会と長野大会に出場し、長野大会にはグレートムタとして出場する事も決定している。

またもう数日とせまった9月2日神奈川・横浜文化体育館で行われるW-1の興行2017 プロレスLOVE in YOKOHAMAで武藤敬司信州プロレスのグレート無茶と同じコーナーに立ち試合をする

武藤は学生プロレス上がりの無茶の試合は見ていないと言いうが、それでもこのカードを組んだのだ。それはその先を見据えての事だ。
そう、いろんな団体を集めてプロレスフェスをやりたいと考えているからだ。

世界を渡り歩いてきた一流レスラーと、学生プロレス上がりのローカル選手が同じリング上に上がる。アンチ信州プロレスの奴等が発狂する姿が目に浮かぶ(笑)
共通しているのはプロレスLOVEの精神を持っているというところでさ。地方にだって、プロレスLOVEの精神を持った奴がいるんだよな
信州プロレスのグレート無茶が仲間と10年かけてやって来た事はこの武藤敬司の言葉に集約されている。

レジェンドレスラーが活躍できるリング

かつてプロレス界は良くも、悪くも、上がいつまでもいて下の選手が中々上の位置に付けないと言う状態にあった。
藤波の飛竜革命なんかもその一つ。
今はそうでは無く、粋の良い若い選手が過激な技や華麗な技を駆使して時にはフルタイム試合をやりファンを魅了している
逆にレジェンド達の居場所が無い位だ。
じゃぁレジェンドの選手に需要が無いかと言えばそうでもない
実際私も無茶フェスで体験しているが、レジェンドの入場テーマが流れただけで会場は興奮の坩堝と化す。
レジェンドが活躍するリングをどうやって用意するのかは難しい問題でもある。
都会の大会場でお金を取ってそれをやり、果たして興行として成立するのであろうか?という事になる。
信州プロレスのグレート無茶はそこを上手く考え、スポンサーを企業等から募り、大会の入場料は無料というスタイルである。
そして行政も後援に付くなど地域おこしのイベントとしても定着しているのだ。
先だって行われた信州プロレスの無茶フェス上田大会のリングに上がったAKIRAはそれに気づいていたようだ。

信州プロレスの無茶フェスは今までに無いプロレス興行のスタイル、プロレスを地域おこしのイベントとして活用し、あらゆる方面の方がその恩恵を受けている現実がある。

信州プロレスを攻撃する視野の狭いファン

本物のプロレスの邪魔をするなと、現在のどんどん過激になって行くプロレスを煽り続ける一部のファン
彼等が敵意をむき出して攻撃している相手は信州プロレスである。
本物のプロレスの定義はなんだよ?それはあなた達が決める事ではない。
お笑いを融合させているので、本来のプロレスとは違う形体ではあるのだが、それは先に断ってやっている
社会人プロレスごっこ団体と。
実際私の周りにもあれはプロレスとは違うと言う方はおられる、しかし広い目でプロレスを見ないとだめだ。
確かにゴム紐マッチなんかは辛い部分もあるが、それも派生した一つの物として否定はしない。
どんなにアンチがわめこうと、時代は確実に信州プロレスを支持している。でなければ10年も続けて来れないはずだ。
お笑いとプロレスの融合がダメなら、テレビ番組のめちゃイケの企画もダメと言わなければいけない。
しっかりフジテレビにも抗議するように。

プロレス界の今後

現在第一線で活躍しているレスラーが未来永劫そのスタイルでいけるわけがない。
いつかは彼等もレジェンドとなる。そうなった時も活躍できる場所がある事は素晴らしい事だと私は思う。
またそういう場を地元自治体や企業をも味方に付けて提供している信州プロレスのプロレス界に対する功績は大きい。
武藤はレスラーとして活躍してきたが、社長として興行をする事、また会場を満員にする事の難しさも体験してきているはずだ。
だからグレート無茶のやっている事(やって来た事)に共感しているのだと思う。
今一地方のアマチュア団体が行っている事、これを参考にして、実績のあるプロレスラー、武藤敬司がプロレス界を、また数々のレジェンドレスラー達を引っ張っていって欲しいと願う。

1984年怒涛の年に発売されたプロレスレコード、THE維新が結構凄かったんですが。

THE維新

1984年11月発売、長州力の闘いを記録したレコードTHE維新に数十年ぶりに針を落としてみました。
まだビデオが一般家庭に普及する前で、プロレスのレコード化にも需要があったのです。
この頃はアニメレコードにもドラマ編なんて言うのがあった時代ですね。

このTHE維新のレーベルはinvtationと言うところで、発売元はビクター音楽産業株式会社です。
ジャケットの中には二つ折りの片面カラーの解説が入っています。
維新軍の6名がカラー写真で紹介されていて、裏面はモノクロ、レコードの内容と長州力の簡単な経歴と維新軍の紹介が書いてあります。
構成はナレーションによる解説と古館伊知郎アナによる試合中継そして長州力アニマル浜口両選手のインタビューが入っています。

f:id:hibiki45:20170718163805j:plain

f:id:hibiki45:20170718163900j:plain

ナレーションはあの舟橋慶一

A面冒頭オープニング、パワーホール(カバー)からナレーションに移行していきますが、そのナレーションを担当しているのが元テレビ朝日のアナウンサー、そして初期のプロレス実況アナウンサーであられる舟橋慶一氏です。心地よい音域、流れるような名調子で長州力の紹介がはじまります。
昭和48年度アマチュアレスリング、フリースタイル、グレコローマンスタイル両種目の100キロ級の日本選手権の覇者であり、また過去にミュンヘンオリンピック出場と言う輝かしい経歴を持つ吉田光雄は同年10月新日本プロレスに入門を果たし...。
57年4月に開催された第5回MSG終了後一念発起しメキシコに飛び...。その年の10月新日本プロレスのマットに戻ってきた。
長州力の入門から革命スタートまでをざっと紹介。この冒頭の下りだけでも聴く価値はあります。
そしてここから例の後楽園ホールの試合実況になり、古館伊知郎の実況が入ります。
さぁ先発は長州力でありましょうか?おーっと...。

B面最後のインタビューは必聴、プロレスの危険な暴走は良いのか?

私が特に注目したのがB面の最後、長州力アニマル浜口のインタビューです。
まずこれ、
「誰か言っていたんだけど俺たち応援してくれる人はひねくれ者が多いってね。」
まぁ私を含めそれは当たっています(汗)
そして凄いのが約2年間の自分達の革命を冷静に振り返るのです。
毎日緊張していて、ピリピリしていた。
特攻隊じゃないけどリングに上がるに死ぬつもりで行っていたと語るアニマル浜口
長州力は2年前のビデオを見てよくこんな事やっていたな、怖いなと思う。前なんて怖いなんて感じなかった。と語る。
そしてどうして反響を呼んだのか、と続ける。一つだけ言えるのはタブーと言われる技をやったため。
レスラーがタブーって決めたわけではないが、実際事故があって亡くなった選手とかいるので自然とやらなくなっていった。
別に暗黙の了解って事でも無い。
相手の体を最後までピンホールまで持って行く自信がないからやらなくなった
気付いたらそれまでやらなかった事をやっていた自分達。
そして続ける、パイルドライバーあれは酷いよな。
おそらく合体技のパイルドライバーをさしていると思われます。
考えてたわけじゃないけど、その頃自然にそういう立場になった時出しちゃったわけ。
あんなの以前やらなかったもんね、やっちゃいけないとかじゃなくて、やらないようにしてた。
最近なんてもっと酷いのは抱え上げてエルボーを落とす。
こんなの相手受け身とれない。それでもやっちゃった。
ファンも今まで見たことが無い物を目の当たりにしたから一気にヒートアップしちゃった。
歓声とかも凄かったね
だからあの頃は自分で自分じゃなかったね。と振り返る
勢いとファンの歓声が入り交じり流されて、技がどんどん過激になっていった自分達を怖いなと語ります。

現在もっと過激になっている今のプロレスラーにも一考してて頂きたい事ですね。
また本物のプロレスとか煽るファンもどうかと思います。

激動の1984年発売です

このTHE維新は革命戦士長州力1984年までの約2年分の軌道が詰まったレコードです。1984年11月発売という事は、その年のそれ以前に録音された物と推測されますが、この年の9月長州力ら数名は新日本プロレスを離脱して、ジャパンプロレスを結成します。12月に全日本マットを視察し翌1965年1月シリーズより全日本プロレスに参戦という激動な一年の中制作された貴重なレコードとなります。

サークルKとポイントdeクーポン

 

信州南信のコンビニはサークルKが多い

私の住む信州の南信はコンビ二と言えばサークルKが多い地域でした。
ところが今回のファミリーマートによる吸収の為地元の店舗は少なくなりつつあります。
まぁ決定事項なんでいずれ消滅するのでしょうが。
信州の南信にサークルKが多いのははユニーグループのコンビニである事もその理由なのでしょうか。
ユニーは名古屋の会社で比較的近い距離の南信に進出したのではと想像します。
昭和の時代、まだ郊外店と言う概念が一般に浸透する前ユニーはこの地にできました。
郊外店今は普通ですが、当時は画期的なアイデア戦略だったと思います。
最初は東海ユニーだったかな。その後サンテラスになりアピタへと進化していきました。
現在は伊那の他に高森町と飯田市アピタは店舗があります。少し北へ戻ると岡谷にもありますね。

サークルKのポイントdeクーポン

私はコンビニを頻繁に利用するタイプではないのですが、ここ半年位サークルKのポイントdeクーポンをよく利用しています。
理由はこのクーポンは酒類、とりわけビールの扱いが多い事です。新製品が三分の一くらいの価格で提供されます、しかもポイントで。このクーポンはポイント利用のみでどこにも現金は発生しません。
サークルKのプラスKカードは楽天カードに紐づけできてポイントが共有できます。それが個人的には使い易かったりします。極端な話クリックポイントのみで発砲酒なら手に入れる事ができます。勿論ビールが対象商品になる事があります。と言うか多いです。私は普段は発泡酒なんですが、お陰でビールの恩恵にも与れました。しかも新商品です。

出光まいどカードからのポイント移行

そして今回キャンペーンもあり、新規で出光まいどカードを作る事にしました。
新規の特典が1000ポイントプレゼントです。それまで年会費を払って出光カードを利用していましたが、これどう考えても得していない。と言う結論に達しました。
スタンドの説明によるとカード利用額が月3万以上、それが半年以上継続しなければ得しないみたいです。

年会費無料のカードを新規で作りポイントを頂く、それを楽天カードに移動。そしてポイントdeクーポンに利用する暫くこのパターンをしていました。
出光カードは1000ポイントから移行ができます。

消えゆくサークルK

ところが5月に近所の店舗がファミマに変わってしましました。普段の買い物コースにあり利用し易い店舗でした。その為少し離れた別店舗まで行く羽目に。

 

f:id:hibiki45:20170411180951j:plain

 

f:id:hibiki45:20170413180545j:plain


結果完全にわざわざそこの店舗に行く事になりました。今までは日々の買い物のみちすがらコースだったのに少しストレスです。
そして極め付けはこの店舗、ポイントdeクーポンの扱い商品が無い事です。2回に1回は無い。おいおいお宅の企画じゃないのかよと突っ込みを入れたくなります。仕方がないのでまた違う店舗へ、そこでようやく手に入れる事ができます。

そして先週プレミアムモルツが対象商品になりました。案の定1店舗目には無いのです。商品名はありますが、そこだけ冷蔵棚が空っぽです。またいつもの2店舗目へ移動です。しかし冷蔵の棚のどこを探しても無い、今度はプレミアムモルツスペースすらない。なんて日だ。店員に聞くとそのまま奥へ行きこれですかと持ってきました。しかも冷えてるし。じゃぁなんで陳列しないんだ、あるなら出せよ。自社のイベントだろう。

 

f:id:hibiki45:20170703165142j:plain


結果わかった事はもうサークルKとしては終わるのでどこの店舗もやる気が無いという事だけです。

因みにこのポイントdeクーポン8月頃で終了するみたいです。店員が言っていました。
コンビニの統合は淘汰で時代の流れかもしれないが、消費者は必ずしも喜んではいない。

だからカール走れ風のように

スナック菓子のカールが今年8月分の生産を持って東日本での販売を終了するという事です。株式会社明治の都合でしょうが、寂しい限りです。
ニーズの変化などでスナック菓子の首位はポテチに奪われ、収益性が悪化したのが原因みたいです。
カールは私が子供の頃からのお馴染みのお菓子で、勿論大好きでした。
しかし考えてみたらいつ買ったのかも記憶にないくらいです。
まぁもう大人なんでスナック菓子にそれ程執着は無いと言う事もありますが。
あって当たり前位の存在で気にもしていなかったのですが、いざ無くなるとなると無性に食べたくなるものです。
軽い気持ちで久しぶりにカールでも買ってみるか、とスーパーを覗いてみましたが、見事に棚は空でした。
皆考える事は同じです。

 

f:id:hibiki45:20170601163624j:plain

 

f:id:hibiki45:20170601163643j:plain

 

このカールは発売当時からCMも有名になり、ミッチーの歌声と共に登場するキャラクターも素朴で注目されていました。
カールおじさんと坊やです。
この二人の関係がクイズになっていましたが、正解は叔父さんと甥みたいです。
そして何より驚いたのがこのカールおじさん、40代の独身だったのです(設定上)
えー、知らない間に少年だった自分はカールおじさんより年上になっていたのか...。
まぁそれだけ息の長い人気商品だったのでしょう。
でもこの設定は後付けでしょうかね
年齢はともかく昭和のあの時代に40代で独身なんて設定斬新すぎますよ。
今ならゴロゴロ普通にいますけど。

 

f:id:hibiki45:20170529072952j:plain

 

とは言え、東日本のみの販売終了なんで、そこに住む我々は欲しければ西日本まで行けば良いんです。
しかしながらそこまでする程でもなかったりする。
沖縄にしか無い旧パッケージのボンカレーみたいに旅行時の土産にするのもありかも。

 

川越美和さん訃報に思う。

元アイドル謎の孤独死と言うセンセーショナルなタイトル。
そんなテレビのワイドショーを偶然途中から見ました。
へー誰なんだと思っていたら私の目に川越美和の文字が。
えーっ亡くなったのは彼女なの。と驚きました
正確には亡くなっていたのです、9年前に。

私は熱心な川越美和さんのファンというわけはありませんでしたが、
90年代当時少しでも気になるアイドルがいると番組を探して見たり、雑誌なんかでもチエックしていました。
川越美和さんもそんな一人で、テレビ番組の主題歌として採用されていた
涙くんさようならを気に入り、シングルCDを購入しました。
その後CDアルバム、そして写真集を購入するまでに至りました。
彼女のビジュアルも好きでしたが、あの独特の声質も気に入っていました。
アルバムにあった抽選券を送ったら、川越美和メイキングビデオなるものに当選したのも懐かしい思い出です。
そんな川越美和さんはもう少し評価されても良かったのにと今でも思います。

華やかな芸能界でのアイドル活動とは裏腹で彼女の晩年はあまり良くなかったようですね。
ひっそりと引退していたり、騙されたりして生活も大変だったみたい、そして最後は孤独死だったとは悲しすぎます。
どこかで何かが違っていたら孤独死になんてならなかったはず。
そしてこの時代、ネットやローカルタレントなど彼女が活躍できる場所なんて幾らでもあるのに。
そう思うと余計残念でなりません。

f:id:hibiki45:20170531163519j:plain

 

f:id:hibiki45:20170531163531j:plain

 

f:id:hibiki45:20170531163543j:plain


懐かしさに駆られて、もう何年も見ていなく押入れにしまってあったビデオを探しだしましたが、
時すでに遅し、最悪の結末に。カビが生えていて再生できそうにありません。

私の記憶によると確か川越美和さんは我が地元伊那市に来て歌っているはずです。
彼女のCDはNECアベニューが発売していた為、当時伊那市に存在し、勢いもあった企業、NEC長野日本電気の社員向け余興でステージに立ったと思います。
私も母がNECに勤務していたので、家族として参加する事もできましたが、そこまではしませんでした。
今思うと勿体無い事をしました。
彼女が立ったステージは伊那市民会館、彼女を呼んだ企業はNEC長野日本電気
時代の流れと共にどちらももう存在しません。
時はほんとに無常です。
今はただ川越美和さんのご冥福をお祈り申し上げるばかりです。
涙くんさよなら、さよなら涙くん。また逢う日はないけれど。
合掌。