サークルKとポイントdeクーポン

信州南信のコンビニはサークルKが多い

私の住む信州の南信はコンビ二と言えばサークルKが多い地域でした。
ところが今回のファミリーマートによる吸収の為地元の店舗は少なくなりつつあります。
まぁ決定事項なんでいずれ消滅するのでしょうが。
信州の南信にサークルKが多いのははユニーグループのコンビニである事もその理由なのでしょうか。
ユニーは名古屋の会社で比較的近い距離の南信に進出したのではと想像します。
昭和の時代、まだ郊外店と言う概念が一般に浸透する前ユニーはこの地にできました。
郊外店今は普通ですが、当時は画期的なアイデア戦略だったと思います。
最初は東海ユニーだったかな。その後サンテラスになりアピタへと進化していきました。
現在は伊那の他に高森町と飯田市アピタは店舗があります。少し北へ戻ると岡谷にもありますね。

サークルKのポイントdeクーポン

私はコンビニを頻繁に利用するタイプではないのですが、ここ半年位サークルKのポイントdeクーポンをよく利用しています。
理由はこのクーポンは酒類、とりわけビールの扱いが多い事です。新製品が三分の一くらいの価格で提供されます、しかもポイントで。このクーポンはポイント利用のみでどこにも現金は発生しません。
サークルKのプラスKカードは楽天カードに紐づけできてポイントが共有できます。それが個人的には使い易かったりします。極端な話クリックポイントのみで発砲酒なら手に入れる事ができます。勿論ビールが対象商品になる事があります。と言うか多いです。私は普段は発泡酒なんですが、お陰でビールの恩恵にも与れました。しかも新商品です。

出光まいどカードからのポイント移行

そして今回キャンペーンもあり、新規で出光まいどカードを作る事にしました。
新規の特典が1000ポイントプレゼントです。それまで年会費を払って出光カードを利用していましたが、これどう考えても得していない。と言う結論に達しました。
スタンドの説明によるとカード利用額が月3万以上、それが半年以上継続しなければ得しないみたいです。

年会費無料のカードを新規で作りポイントを頂く、それを楽天カードに移動。そしてポイントdeクーポンに利用する暫くこのパターンをしていました。
出光カードは1000ポイントから移行ができます。

消えゆくサークルK

ところが5月に近所の店舗がファミマに変わってしましました。普段の買い物コースにあり利用し易い店舗でした。その為少し離れた別店舗まで行く羽目に。

 

f:id:hibiki45:20170411180951j:plain

 

f:id:hibiki45:20170413180545j:plain


結果完全にわざわざそこの店舗に行く事になりました。今までは日々の買い物のみちすがらコースだったのに少しストレスです。
そして極め付けはこの店舗、ポイントdeクーポンの扱い商品が無い事です。2回に1回は無い。おいおいお宅の企画じゃないのかよと突っ込みを入れたくなります。仕方がないのでまた違う店舗へ、そこでようやく手に入れる事ができます。

そして先週プレミアムモルツが対象商品になりました。案の定1店舗目には無いのです。商品名はありますが、そこだけ冷蔵棚が空っぽです。またいつもの2店舗目へ移動です。しかし冷蔵の棚のどこを探しても無い、今度はプレミアムモルツスペースすらない。なんて日だ。店員に聞くとそのまま奥へ行きこれですかと持ってきました。しかも冷えてるし。じゃぁなんで陳列しないんだ、あるなら出せよ。自社のイベントだろう。

 

f:id:hibiki45:20170703165142j:plain


結果わかった事はもうサークルKとしては終わるのでどこの店舗もやる気が無いという事だけです。

因みにこのポイントdeクーポン8月頃で終了するみたいです。店員が言っていました。
コンビニの統合は淘汰で時代の流れかもしれないが、消費者は必ずしも喜んではいない。