おじさんが懐かしむのは昭和のプロレスさ。

昭和59年9月14日私は駒ヶ根市民体育館へ足を運んだ。
新日本プロレスが、そして数年前から熱狂的に応援していた長州力が試合をするからだ。
この大会はその後のプロレス界を大きく変えるターニングポイントとしして歴史に残る。
----はずだった...。

昭和57年10月長州のいわゆる噛ませ犬発言により新日本プロレスの図式が大きく変わった。
日本人同士の軍団対決がファンに支持され引き付けていた
その2年続いた物がこの日駒ヶ根で終わりを迎えようとしていた
理由は疲れたから
えーっ。
長州が語った事は当時のザプロレス紙に掲載されている。
もう維新軍も正規軍もないと
これからは同一線上だ

しかしこれ真っ赤な嘘。
翌週長州率いる維新軍のメンバーは独立する形で新日本を去る
そしてライバル関係にあった全日本プロレスのリングに上がる事に。

 

f:id:hibiki45:20160916103645j:plain

 

長州がこの駒ヶ根大会を最後と位置付けたのはおそらく離脱時に一番近いテレビマッチだったからだと推測される。
しかしこの大会は野球中継用の予備収録であり、その事を知らなかった。
メインは猪木、藤波、木村組対長州、浜口、谷津組
最後にふさわしいカードだったが
当日晴れたので野球中継が確定、一部地域のみの放送と知った(多分)若松、マシンらが乱入で試合ぶちこわした。
この9月14日は金曜日、記憶が定かではないが、一部地域には生中継されたと思う。
ちなみにテレビ信州は後日録画で放送した。
また当時野球は人気もあり、プロレスが虐げられていた証でもある気がする
まだドームなんて無い時代の話だ。

このカードは数日後の愛知県江南大会で再び組まれ
維新軍が勝ち逃げしている。
テレビ中継は負け試合の為(正規軍が)最後まで見せない中途半端な放送となった。

駒ヶ根市民体育館で行われるプロレス興行はほんと面白い事が多い。

 

f:id:hibiki45:20160916104158j:plain

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村